FC2ブログ

ジャックの洞穴。

黒歴史ブログから逃げずに再利用。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

続き?

就活が終了した時点でポーランド語やりたいとかほざいてたけど、あの後夏から行かなきゃいけなくなった中国留学から鉄道使ってヨーロッパ、その後は適当に飛んだりしてジョージアって国に行きました。
宗教が正しく使われている(すみませんこんな表現で。)なぁって感じました。
誰もが教会の前を通り過ぎる際に十字を切ってお辞儀をするんです。
街の中、バスの中では若い人、元気な人はお年寄り、小さい子供などに席などを譲っていました。少し自分が心持ちを大きく持てば、そういった方々が暖かい気持ちになる。という素晴らしい国でした。
上手く言えてないけど、凄く感動したというか何というか。
殺伐とした国ではあまり見かけないと思った。
でも同時に、あ、自分にも出来るかもとも思った。別に難しい事してるんじゃないんだよな~みたいな。
スポンサーサイト

 

黒歴史

書く度にいつも黒歴史黒歴史言ってるんですけど、もはや黒歴史を積み重ねてこその人生なのかなみたいな。悟り。
2009年もだけど2017年もなかなかだぞ。
今は大学四年で卒業目前、四月からは社会人です。
2017年の記事も読み返すと若いなあって。これもそのうちそう思うんだろうね~
今もずっとオタクで、うたプリファンをもう8年くらいやってます。
18歳になった後、実際にボブゲ(言ってみたかった)をやり始めて、念願のLamento ,sweet pool,陰陽師とかやりました。
スイプは本当泣きまくって泣きまくって、5月って結構しんどいです。そのくらい今でもクソオタク。
うたプリはやっぱりずーーーっと聖川真斗が大好き。
5thライブと、ファンミーティングに運良く行くことができました。
私生活ではオタク友達が少しいるくらいで、その他騒ぐ友達が割と多いです。
どっちも大切な友達で、みんなといる時は凄く楽しい。
バックパッカーみたいな感じでどこかに行くのが好きで、何故かというと、現地で出来た友達と夜の街を歩いたり、ご飯を食べに行ったりっていうあの瞬間が堪らなく好きなんです。
長々と書いてしまいましたが、なんとなくこんな感じで生きてます。

 

就活終了

6月の上旬に就活が終わりました!!
これからは色々自分のしたかった勉強と中国語や英語に磨きをかけていきたいなと考えています。
そして何が勉強したいかというと・・・
ズバリ、ポーランド語!!!
この間の旅でポーランドにドはまり!!歴史的にも重要な場所であって
そこに暮らしている人たちも親切で、発展の途中で外国への興味もあって貪欲な賢いひとばかり。
ポーランドでは日本語や日本人に興味津々の人は多いけど日本からポーランドはあまり話題にはならないけど、
私はポーランドが大好き!
ロンドンとポーランドは外せない国になった。
サンマリノとかもよかったと言うか、世界って優しいものばっかりでできてる!!
ってらぁら感ある気持ちになる。
話がかなり変わりますけど、What Would You Do?っていうABCの番組、かな~~~り為になる。
宗教、人種、ジェンダーなど。
アメリカだからこそできる番組なんだろうなぁって感じますね。
ヨーロッパって比較的大昔からローマ帝国やら大英帝国やらその前からも広い土地を統治してたり
してたので、まだ外国人には慣れてるほうなのかなって感じる。
(今時テロリストだとかそういうのは話題になりやすいですけどね。)
私が一番かっこいいと思った回はムスリム差別(差別されてるのが男性のやつ)の回で。そこにやってきた
軍の方が人間に必要な気持ちってこれなんだろうなぁって考えさせられる発言をしていました。
確かどんな宗教人種だとしてもこの国に住んでる人々を守るのが俺の仕事。って。
かっこよかったです。
他にも男の子がバービーを欲しがっているのに対して親がそれはあなたにふさわしくないわ
とか逆の状況ももちろんあります。
とにかくWWYD?は人を理解する事にとっても役立つ内容ばかり。
時々自分も差別をしていた!!と気づかされることすらある番組です。

 

就活終了

6月の上旬に就活が終わりました!!
これからは色々自分のしたかった勉強と中国語や英語に磨きをかけていきたいなと考えています。
そして何が勉強したいかというと・・・
ズバリ、ポーランド語!!!

この間の旅でポーランドにドはまり!!歴史的にも重要な場所であって
そこに暮らしている人たちも親切で、発展の途中で外国への興味もあって貪欲な賢いひとばかり。
ポーランドでは日本語や日本人に興味津々の人は多いけど日本からポーランドはあまり話題にはならないけど、
私はポーランドが大好き!
ロンドンとポーランドは外せない国になった。

サンマリノとかもよかったと言うか、世界って優しいものばっかりでできてる!!
ってらぁら感ある気持ちになる。




話がかなり変わりますけど、What Would You Do?っていうABCの番組、かな~~~り為になる。
宗教、人種、ジェンダーなど。
アメリカだからこそできる番組なんだろうなぁって感じますね。
ヨーロッパって比較的大昔からローマ帝国やら大英帝国やらその前からも広い土地を統治してたり
してたので、まだ外国人には慣れてるほうなのかなって感じる。
(今時テロリストだとかそういうのは話題になりやすいですけどね。)

私が一番かっこいいと思った回はムスリム差別(差別されてるのが男性のやつ)の回で。そこにやってきた
軍の方が人間に必要な気持ちってこれなんだろうなぁって考えさせられる発言をしていました。

確かどんな宗教人種だとしてもこの国に住んでる人々を守るのが俺の仕事。って。
かっこよかったです。

他にも男の子がバービーを欲しがっているのに対して親がそれはあなたにふさわしくないわ
とか逆の状況ももちろんあります。
とにかくWWYD?は人を理解する事にとっても役立つ内容ばかり。
時々自分も差別をしていた!!と気づかされることすらある番組です。

 

旅行2

ワルシャワです。ワルシャワ蜂起博物館と動物園(笑)と旧市街と王宮に行きました。
動物園は動物全然いなかったです。寒いし良かったですいなくて。凍ってましたもん飼育の柵の内側。スケートリンクみたいになってました。
旧市街は砦がポーンと町の中にあってビックリしました。
王宮は良かったです。色がついた部屋がいくつもあって可愛かったです。そして肖像画はイタリアとの違いを感じましたね。イタリアの絵画や肖像画はゴリゴリの二重の彫りの深い〜〜〜みたいなミケランジェロ!!!!!!!みたいな感じなんですけど、ポーランド人はやっぱり美人や可愛い顔が多いのか絵もそんな感じでした。
あれは多分王子様の子供の頃の絵だったんでしょうが、すごく可愛い絵もありました。
イタリアだと子供でも容赦なく彫りふかすぎの阿部寛みたいになってますからね。
ポーランドの子どもは昔からああいう可愛い東欧の顔なんだなって。美術興味なくても絵画とか見るの楽しかったです。その地域によって顔の書かれ方が違いますから。

蜂起博物館。圧巻でした。
銃声は爆撃音が聞けます。
収容所に送られた後の人の写真や、遺体の写真もありました。悲惨です。
ワルシャワ民が蜂起をして、ナチスに惨敗をしていく過程が展示されています。街を破壊されたワルシャワの人々が今こうして強く生きていることが本当に凄いです。ポーランド人の繋がりは深いみたいです。
ナチスもポーランド人の繋がりを最初に壊そうとしていたと解説がありました。

ヒトラーの動いている映像も見れます。当時のワルシャワの秘密活版所。日めくりカレンダーを集めながらこの日に何があったのかを学べます。(ポーランド語読めませんが集めるだけでもワルシャワの思い出が出来ます。)

とにかく悲惨でしたが、ポーランド人の歴史背景、今ポーランドが存在しているというありがたさを思い知ります。でも国家とは何だろうって謎の観点湧きます。街をあれだけ破壊されてますからね。

ヘタリアから知った国々を回った旅でしたが充実でした。


やばいな〜〜〜〜リボーンでイタリア語に触れてDグレで中世とかに憧れてヘタリアで国を知った女が一人で海外旅行ばっか行ってます。オタクこじらせでしょうね。
黒歴史とか言いつつ感謝してます。アッシジとサンマリノなんかは中世ゴリゴリ残ってましたよ。この2つの場所はオススメです。
リヒテンシュタインがヘタリア知った当時から行きたかったんですがまさか夢が叶うとは思ってなかった。

 

« »

05 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

茶漬け(元ジャック)

Author:茶漬け(元ジャック)
長年オタク

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。